知っておくと安心して使える!ベビーフードの 無添加に関する豆知識について解説

赤ちゃんに与えるなら、やはり無添加のベビーフードを選びたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
無添加は食品添加物を使っていないということですが、食品添加物にも様々な種類があるのでベビーフードを選ぶ際には何が使われていないのかを具体的に確認するのがお勧めです。
また安心して食べさせられる商品を選ぶためにも、ベビーフードのパッケージに記載されている原材料情報欄の見方の知識を押さえておくことをお勧めします。

目次
  1. 知っておくと安心して使える!ベビーフードの 無添加に関する豆知識について解説
    1. ベビーフードが無添加なら食材が持っている本来の味に気づきやすくなる
    2. 市販の無添加ベビーフードを選ぶ場合パッケージの表記を見て安心できる商品を探す
    3. 市販の無添加ベビーフードには製造工程を公表しているメーカーもある
    4. 無添加ベビーフードと言われても海外ではそうではないと評価される場合もある
    5. 無添加ベビーフードは違うメニューに作り替えることができる(2023/12/1)
    6. 無添加ベビーフードばかり与えていると偏食になる可能性もあるので注意が必要(2023/12/1)
    7. 無添加ベビーフードは開封後は早く使うこと(2023/12/1)
    8. 無添加ベビーフードは月齢に合わせた味付けと硬さに調理されている商品が多い(2023/12/1)
    9. 無添加ベビーフードは種類がたくさんあっても量が選べない場合もある(2023/12/1)
    10. 無添加ベビーフードを使用する場合離乳食を始めてすぐに与えないこと(2024/5/15)
    11. 無添加ベビーフードを与えるのに年齢制限は特に設けられていない?(2024/5/15)
    12. 無添加ベビーフードは通信販売でも購入することができる(2024/5/15)
    13. 市販のベビーフードは無添加と表記され販売しているがそうではない商品もある(2024/5/15)
    14. ベビーフードの素材にこだわる場合無添加の他にも気を付けなくてはいけないことがある(2024/5/15)

ベビーフードが無添加なら食材が持っている本来の味に気づきやすくなる

食品添加物を使用しないで作られたベビーフードも販売されています。
赤ちゃんに安心して食べられる食品として、多くの家庭で利用されています。
無添加のベビーフードには、安全に食べられること以外にも多くのメリットがあります。
食材の味がわかりやすくなることも、無添加の商品のメリットです。
食品添加物が使用されているものは添加物の影響によって、食べ物の味が変わることもあるので、赤ちゃんが食べ物の持っている本来の味を味わえなくなることもあります。
食べ物の本来の味がわかりにくいと、赤ちゃんが食べることを嫌いになってしまうこともあるので、食品添加物が使用されている商品はできるかぎり赤ちゃんに与えないようにした方が最適です。
食品添加物が一切使われていないベビーフードならば、食材が本来持っている味を赤ちゃんもしっかりと味わうことができます。
品質の高い素材が使用されているベビーフードならば、素材の味を楽しみながら赤ちゃんがおいしく食事を食べられます。

市販の無添加ベビーフードを選ぶ場合パッケージの表記を見て安心できる商品を探す

市販の無添加ベビーフードを選ぶ際は、パッケージに表記されている成分表をしっかりと確認することが重要です。
実際にどんな成分が含まれていて、どんな添加物が無添加なのかを知ることで、より安心することができます。
また、原材料の産地や製造過程が明確に表記されているかどうかも確認しておきましょう。
自分が知りたいと思っている情報がしっかりと書かれている商品であるかどうか見極めることが大切です。
購入を検討しているベビーフードは、国産か海外産か、アレルギー情報の記載はあるかなど、より多くの情報が記載されている商品の方が信頼度は高いと言えます。
ベビーフードは、数々の検査や認証を繰り返して作られています。
市販されている商品であれば、過度に心配する必要はありませんが、子どもにより安全な食品を与えるためには自分の目でパッケージの表記を詳細にチェックするのがおすすめです。
デザインや便利さだけでなく、原料に目を向けるようにしましょう。

市販の無添加ベビーフードには製造工程を公表しているメーカーもある

無添加ベビーフードは、新生児や幼児の健康を保つ上で重要な役割を果たす製品です。
幼い赤ちゃんにとっては、添加物や化学物質は敏感な問題であり、その摂取を最小限に抑えることが望ましいです。
そんな中、市販の無添加ベビーフードを提供するメーカーの中には、製造工程の情報を公表している企業もあります。
製造工程の公表によって、消費者は安心して製品を選ぶことができます。
メーカーが製造工程を公開することで、製品がどのように製造されているのか、原材料はどのように選ばれているのか、品質管理がどのように行われているのかが透明になります。
また、製造過程での衛生管理や品質管理の徹底ぶりを確認できることから、消費者にとって信頼性が高まります。
公表された製造工程には、原材料の受け入れから、加工、検査、包装、出荷までの一連の工程が詳細に記載されていることが一般的です。
これにより、製品が衛生的かつ安全に製造されていることが分かり、親たちが安心して与えることができる食品であるという信頼性が確立されます。
公表された製造工程は、メーカーの透明性と責任を示す一つの手段とも言えます。
消費者は製品の安全性や品質に対する疑念を払拭し、製品選びにおいてより意識的になるでしょう。
また、製造工程の公表は他のメーカーにも好影響を与え、業界全体で安全性や品質への取り組みが向上する契機となることも期待されます。

無添加ベビーフードと言われても海外ではそうではないと評価される場合もある

無添加ベビーフードは、日本を含むいくつかの国で人気を集めていますが、海外ではそれが必ずしも同じ評価を得ているわけではありません。
海外では定義や基準が国によって異なるため、商品の内容や表示に対する認識も違っている可能性があります。
日本では合成保存料、着色料、香料、加工デンプンなどの人工的な成分を使用せずに作られることが求められています。
また防腐剤も極力使用しないことが重視されます。
しかし海外の一部の国では、食品添加物の使用が厳格に規制されているため、海外で販売されているほとんどが近いものである可能性があります。
そのため海外の消費者にとっては、特別な存在とは感じられないかもしれません。
また認識は文化や食習慣にも影響されます。
日本では伝統的に自然食品や無添加食品に対する関心が高く、健康を重視する傾向があります。
一方、他の国では、ベビーフードに関しては忙しい親が手軽に利用することを重視する場合もあり、便利さや価格を優先することがあるかもしれません。
これらの理由から、海外では評価は異なる場合があります。
一部の国では高く評価される一方で他の国ではあまり注目されない可能性もあります。
商品を海外で展開する際には、現地の消費者ニーズに合わせて適切なマーケティングや説明が必要となるでしょう。

無添加ベビーフードは違うメニューに作り替えることができる

赤ちゃんの毎日の食事作りは、飽きられるのを防ぐためにもベビーフードを使って簡単に作り替えるアイディアを取り入れてみてはいかがでしょうか。
例えば、ホワイトソース仕立てのグラタンなどはミルクで薄めて野菜を煮たものをプラスするとホワイトシチューになります。
同様に、トマトソースのベビーフードもスープやミートソースやピザソースなどに変化させられるので便利です。
使われている食材は同じでも、目先を変えると赤ちゃんは喜んで食べてくれることがありますのでおすすめです。
メニューに変化を持たせる時に、無添加のベビーフードなら安心して与えることができます。
赤ちゃんに食べさせるメニューがいつも同じ感じになってきたら、似た材料で作られているものに作り替えると良いでしょう。
そうすることで喜んで食べてくれる様なることがありますし、色々なものをバランスよく食べるためにも積極的に無添加のベビーフードを採用するのをおすすめします。
飽きにくく、楽しく食べる毎日のための方法です。

無添加ベビーフードばかり与えていると偏食になる可能性もあるので注意が必要

ベビーフードは忙しいママやパパにとって欠かせないアイテムの一つです。
こうした便利グッズを活用することで、負担を大きく軽減できます。
もちろん安全性の高いものを与えたいと考えるはずです。
そのため無添加のベビーフードを敢えて選んでいる人たちも少なくありません。
化学調味料が入っていないものや無農薬のベビーフードは安全性が高いと感じるからです。
確かにそれは事実であり添加物が大量に入っているものよりも安心ですが、無添加ベビーフードばかりを食べさせることで味覚が偏る傾向があります。
幼児期は味覚が形成される非常に重要な時期です。
その時期に特定のもの与えることで、受け入れられる味が狭められてしまい結果として偏食につながります。
当然ながら個人差があるので全てのベビーがそうであると言うわけではありません。
ですから色々なものをあげることは非常に大事なことであり、一生にわたって影響を及ぼせます。
好き嫌いは少ない方が食事は楽しめるからです。

無添加ベビーフードは開封後は早く使うこと

缶詰などの保存食は除いて、賞味期限が長い食品には保存料というものが添加されています。
普通に考えてみてもわかるように食品は日にちが経過するとともに腐敗していきます。
食品の劣化は自然な事であり、冷蔵庫に入れていても進んでいきます。
無添加のベビーフードを購入した場合、真空パックなら賞味期限は長いことでしょう。
しかし、パッケージにも書いてありますが、開封後は早く使う必要があります。
なぜなら無添加のベビーフードには保存料などの添加物が入っていないので食品の劣化が早く進んでしまうからです。
そして、子供は免疫がまだ弱いので注意が必要だと言えます。
もちろん、神経質になる必要はありませんが冷蔵庫に保管するにしても、開封後はその日のうちに食べさせる必要があります。
冷蔵庫に入れているから大丈夫とは考えないようにしましょう。
開封した時点で食品は空気に触れますのでドンドン悪くなっていくからです。
いずれにしても、その日のうちに使えば問題はありません。

無添加ベビーフードは月齢に合わせた味付けと硬さに調理されている商品が多い

これから赤ちゃんが生まれるという家庭の場合、まずはどんな食べ物を与えて育てたらいいのかと頭を悩ませるものです。
まず生後5か月目まではミルクだけでいいのですが、そのあとはベビーフードと呼ばれるものを用意しなくてはいけません。
昔はスーパーなどでレトルトを買われる方も多かったのですが、最近は自宅で調理をなさる方が急増をしています。
理由としては無添加で健康的なものを与えたいと考える方が増加をしているからでしょう。
簡単にベビーフードのなかでも安心安全な無添加物を用いるメリットをご紹介します。
大人が食べるものだと塩分や糖分が必須で、その食材の味わいの決め手となるのはいうまでもありません。
しかし赤ちゃんの場合はその限りではなく、風味よりも栄養素を重視しないといけないものばかりです。
調理をする場合も同様で、ベビーフードに使用するものは塩や砂糖ではなく、昆布・かつおだしなどに限定をして使わないといけません。

無添加ベビーフードは種類がたくさんあっても量が選べない場合もある

無添加ベビーフードは赤ちゃんにも安心して与えることができるため、たくさんストックしておいて忙しい子育ての中でうまく活用したいアイテムです。
近年様々な種類が増えて、どれを選んでいいか分からないくらいたくさんありますが、赤ちゃんによって味や舌ざわりの好みに違いがあるため、少しずつ与えて赤ちゃんの好みを把握しておくのがおすすめです。
無添加のベビーフードは、量の少なさが気になるという方も多いかと思います。
実際、たくさんの種類があるので赤ちゃんも飽きることなく色んな食材を口にすることが出来るメリットがありますが、量があまり入っていないのでもっと食べさせたいという不満が出てきます。
その場合は、他のおかずや果物などと組み合わせるなど工夫をしてみてはいかがでしょうか。
より色んな食品を食べて食の経験値を上げることが出来ますし、食べることに興味を持たせることができます。
ちょっとこだわったベビーフードは、値段が高いわりに量の少なさに目が行きがちですが、我が子に安心して与えられるメリットを考え上手に活用してみましょう。

無添加ベビーフードを使用する場合離乳食を始めてすぐに与えないこと

無添加ベビーフードを赤ちゃんに食べさせたい場合、その時期に注意することが必要です。
特に離乳食を始めてすぐの頃に与えることは避けなければなりません。
添加物が含まれないベビーフードはオーガニック原料を用いた有機素材の離乳食であるとはいえ、オーガニックであるか否かに関わらず離乳食を始めるときは食物アレルギーの有無をチェックしなければなりません。
卵や小麦、牛乳は比較的注意が必要な食品ですが、オーガニック原料を使ったベビーフードにもこれらの素材が含まれている場合があります。
あくまで添加物を使用していないのであって、食物アレルギーが出ない食べ物というわけではありません。
離乳食を始めるときは、乳製品や小麦を与えずに少量の卵や新鮮な果物から食べさせて、徐々に加熱した乳製品や少量の炭水化物を与えるという手順を踏むべきです。
そして、大人とほぼ同じものを食べられることが分かってから無添加ベビーフードを食べさせるようにしましょう。

無添加ベビーフードを与えるのに年齢制限は特に設けられていない?

無添加ベビーフードとは、保存料や着色料や香料などの添加物が一切使われていない離乳食のことです。
添加物は赤ちゃんの体に悪影響を与える可能性があるため、多くのママがこのような離乳食にこだわっています。
利用の際の年齢制限は特に設けられていませんが、一般的には5ヶ月頃から与え始めるのがおすすめです。
5ヶ月頃になると赤ちゃんの消化器官が十分に発達し、離乳食を食べられるようになりますのでそれを待つことにしましょう。
赤ちゃんに必要な栄養素がバランスよく含まれているため安心して与えることができます。
無添加離乳食を選ぶ際は、原材料をよく確認する事、保存料や着色料や香料などの添加物が使われていないかを確認する事、賞味期限を確認する事、衛生的な環境で保管されているかを確認することが大切です。
赤ちゃんにとって安全で美味しい食事です。
赤ちゃんの成長に必要な栄養素をきちんと摂取できるよう、このようなベビーフードを上手に活用してください。

無添加ベビーフードは通信販売でも購入することができる

これからベビーフードを購入しようと考えている方が多くいると思われます。
赤ちゃんがしっかり成長していくためには母乳やミルクだけでは不十分なので、必要な栄養を補給させないといけません。
赤ちゃんにはできるだけ安全性の高いものを食べさせるべきなので、無添加のベビーフードがおすすめです。
日本で製造されているものは基本的に安全ですが、それでも少しでも安全なものを与えようとするのは親として当然です。
無添加ベビーフードは通信販売で購入できますが、信頼して利用できるところなのかを見極めることが重要になります。
どこも同じに見えるかもしれませんが、品質が良くなかったり、賞味期限や消費期限が迫っている商品が届くこともあるので気をつけてください。
赤ちゃんが安全に食べるためなので、よく比較した上で決めるべきです。
比較する際は。
実際に通信販売を利用した人の意見も参考にした方が良いです。
問題なく利用できるところなのかを判断するための情報が得られます。

市販のベビーフードは無添加と表記され販売しているがそうではない商品もある

赤ちゃんには生後6か月になったくらいから、ベビーフードを食べさせることになります。
母乳やミルクだけでは必要な栄養を摂ることができないので、栄養を考えて食事を与えることはかなり大事です。
乳児期にしっかり栄養を摂らないと周りの子どもと比べて成長が遅くなってしまうので気をつけてください。
ベビーフードを全て手作りするのは大変なので、市販のものを購入する方が多くいます。
様々な商品が販売されているので、子どもの好みに合わせて選ぶことができて便利です。
ただ、無添加と表記されて販売しているものでも、増粘剤などが使われていることがあるので、何を使用して製造されているかチェックした上で購入することが求められます。
赤ちゃんが食べるものなので、余計なものは使われていない無添加のベビーフードを購入するべきです。
安いだけで決めてしまい、何か問題が生じてしまえば大変なことになるので、購入前のリサーチは十分に行うことが必要です。

ベビーフードの素材にこだわる場合無添加の他にも気を付けなくてはいけないことがある

ベビーフードは手軽に利用することができて、とても便利です。
忙しい時や育児に追われて時間の余裕が無い時など、ちょっと温めたりそのまま使えるので、頑張りすぎるお母さんを助けてくれる素晴らしいアイテムですが、可愛い我が子の口に入るものなので、気を付ける必要があります。
ベビーフードは安くて手軽に購入できるものも多いですが、その中でも素材によりこだわっているものを選ぶと、我が子にも安心して与えることが可能です。
無添加の商品を選ぶと、余計なものを与えたくない離乳食の時期も、自分のこだわりを持って赤ちゃんに安全なものを与えられます。
また、無添加だけにこだわらず、使われている素材が遺伝子組み換えかどうかということにも着目をしましょう。
遺伝子組み換えの素材を口にしても問題はないとされていますが、あえて赤ちゃんに食べさせる必要もありません。
親が不安に思っているものであれば、細かくパッケージや商品説明を読んで納得した上で与えるようにするのがおすすめです。